宅建試験を受験する動機や理由、宅建を取れば独立ができるのか?





宅建試験を受験する動機や理由


宅地建物取引士の資格試験の受験者数は例年20万人以上。

賃貸不動産経営管理士や管理業務主任者等の不動産関連資格の中ではぶっちぎりの人気資格であることは間違いありません。

では、その20万人は一体、どんな動機や理由で受験申込をするのでしょうか?今回はいくつかの理由や動機をもとに検討していきます。



1.会社から受験しろと言われた

まずは不動産業界に従事するひとの動機から考えていきたいと思いますが、推察できる中で最も多いのが「会社から受験するように言われた」という理由でしょう。

不動産会社にとっては宅建士というのはなくてはならない重要な人材です。そのため、社員の何十パーセントが宅建士、新入社員の何十パーセントを合格させる!等といった目標を定めたうえで、研修等を行い、社員の学習のサポートをするようなところも。

会社としてはそれだけ熱心に宅建士を増やそうとしているものの、では実際の社員のやる気としてはどれほどのものなのでしょうか。

もちろん、社内全体で「宅建士はとって当たり前」「営業マンたるもの宅建士になるまで半人前」という共通認識があるようなら、社員も自発的に学習し、一発合格を果たすひとが大半です。

しかし、会社の熱意とは裏腹に、社員のやる気は全くの皆無で、受験料を会社が負担してくれるから試験会場には行くものの、毎年「記念受験」となるようなケースもままあるように見受けられます。




2.キャリアアップに必要だから

また現在不動産業界に従事しているひとの中で次に多いのが「キャリアアップのために」という理由です。

実は、不動産会社によっては昇級や昇格をする際の条件のひとつとして宅地建物取引士であることが求められることも。こういった昇格の条件というのは何も仲介会社に限定せず、管理会社やPM、AMの会社でも設定されているようですが、従業員にとっては自身のお給料に直結することですから、なんとか条件をクリアしようと躍起になります。

キャリアアップをするためには宅地建物取引士資格試験に合格しなければならない…という強力な動機に裏打ちされた正しい学習を積んで、あっという間に合格を掴み取って次のステップへ進んでいくことでしょう。

会社から受験を強要される社員とは異なり、自発的に受験するわけですから、勉強しているふりをして無駄な時間を過ごし、結局、「記念受験」を重ね続けるというような生産性のないことは起こりません。




3.転職や就職に有利になるから

不動産業界に現在従事している人はもちろん、そうでない人にも該当するのが「転職や就職のために」という理由です。

宅地建物取引士というのは宅建業を営むためには必ず必要な人材ですから、不動産会社がある限り、常に一定数の求人があるものです。

会社としては、自社の宅建士を増やすために、宅建士の資格をもっていない状態で入社してきた社員にも積極的に学習の機会を与えて、取得を促すものの、先述の通り記念受験組を量産し続ける悲しい状態になることも。不動産業界の一部では、慢性的な宅建士不足に陥っているのです。

つまり、不動産業界やそれに関連する会社への転職を検討しているひとや、これから就活が始まるという学生にとっては、宅建士の資格試験に合格することは、就職先の選択肢を大きく広げることになるのです。





4.独立開業を検討しているから

これまで、よくある宅建士資格試験を受験する動機や理由について触れてきましたが、中には「自分で宅建業を開業したいから」という人も。宅建の学習をした経験のある方はもちろんご存知のことと思いますが、宅建業は免許制。一定数の宅建士がいなければ免許を受けることはできません。

これまで営業一筋でバリバリ売上を上げてきたという人も、どこかのタイミングで自分の会社を持つことを夢みるようになります。

また、定年退職を迎えることをきっかけに、全くの未経験で独立開業したいという目標を掲げるひともいるでしょう。では、全くの未経験から独立開業して、安定した売上を立てることは可能なのか?

業界には業界のルールがあり、独特の慣習が多くありますから、そういった勉強では吸収できない知識を早い段階でしっかり学んで、スキームをいち早く構築できれば不可能ではありません。でも、宅建のテキストに書いてあることと、現実は全く異なりますし、立ち上げ当初は(何事でもいえることですが)かなり大変は思いをすることは覚悟しておく必要があるでしょう。




59回の閲覧

タッケンHR

102-0072 東京都千代田区飯田橋1-8-8、大野ビル3F  | TEL 03-6261-4517 

@Copyright タッケンHR. All Rights Reserved